Feb21th

Oracle Rac 起動停止手順

Top / Oracle Rac 起動停止手順

■停止手順
 ------------------------
 1 データベース・リソースの停止 (oracle ユーザで実行)
   $ srvctl stop database -d micdb
 2 ASM ディスクグループ・リソースの停止 (grid ユーザで実行)
   $ srvctl stop diskgroup -g DATA
    
     ########################################
     注意:OCR や Voting Disk が格納されている ASM ディスクグループは、
           Oracle Clusterware の稼働中は停止しないで下さい。
     ########################################
   
 3 リスナー・リソースの停止 (grid ユーザで実行)
   $ srvctl stop listener -l LISTENER
 4 SCAN リスナー・リソースの停止 (grid ユーザで実行)
   $ srvctl stop scan_listener
 5 SCAN VIP リソースの停止 (grid ユーザで実行)
   $ srvctl stop scan
 6 CVU の停止 (grid ユーザで実行)
 
   $ srvctl stop cvu
   ※停止対象のノード上で CVU が動いている場合にのみ実行ください。
     動作しているノードについては以下コマンドで確認できます。
     $ srvctl status cvu
 7 nodeapps の停止 (grid ユーザで実行)
   $ srvctl stop nodeapps
 8 Oracle Clusterware の停止 (root ユーザで実行)
   # crsctl stop crs
 ------------------------
 9 リソースの状態(正常に停止しているか)を確認 (root ユーザで実行)
   以下の実行結果が「0」であれば停止を示しています。
   # ps -ef | grep d.bin | grep -v grep | wc -l
 ■起動手順
 ------------------------
 1 Oracle Clusterware の起動 (root ユーザで実行)
   # crsctl start crs
   ※1  11gR2 以降では、一部 CRS リソースの AUTO_START 属性が変更されていることで、 
        Oracle Clusterware の起動時に自動起動しないリソースがあります。
   ※2  計画停止後の起動時に、自動起動されていないリソースについては、手動により
        各リソースを起動ください。 
        構築時は Oracle Clusterware 起動時に自動で起動する設定となっております。
 2 nodeapps の起動 (grid ユーザで実行) ※2
   $ srvctl start nodeapps
 3 CVU の起動 (grid ユーザで実行) ※2
   $ srvctl start cvu
 4 SCAN VIP リソースの起動 (grid ユーザで実行) ※2
   $ srvctl start scan
 5 SCAN リスナー・リソースの起動 (grid ユーザで実行) ※2
   $ srvctl start scan_listener
 6 リスナー・リソースの起動 (grid ユーザで実行) ※2
   $ srvctl start listener -l LISTENER
 7 ASM ディスクグループ・リソースの起動 (grid ユーザで実行) ※2
   $ srvctl start diskgroup -g DATA
 8 データベース・リソースの起動 (oracle ユーザで実行) ※2
   $ srvctl start database -d micdb
   
 9 リソースの状態(正常に起動しているか)を確認 (grid ユーザで実行) ※2
 
   $ crsctl stat res -t
 ------------------------