Sep26th

Linuxメモ

Top / Linuxメモ

■OSバージョン
cat /etc/redhat-release

■ユーザ名変更

# usermod -l [新しいユーザー名] [現在のユーザー名]

■ホームディレクトリの変更

# usermod -d [新しいホームディレクトリ] [ユーザー名]

■uidの変更

# usermod -u [新しいuid] [ユーザー名]
 ⇒uidを変更したらホームディレクトリとかのowner情報の変更が必要
 # chown -R [ユーザー名] [ディレクトリ]

■グループ名変更

# groupmod -n [新しいグループ名] [現在のグループ名]

■グループID(GID)の変更

# groupmod -g グループ名

■ユーザ確認

# cat /etc/passwd

■ユーザグループ確認

# cat /etc/group

■文字列置換
sed -e 's/[置換対象]/[置換文字]/gi' ./hoge.txt > ./hoge-new.txt

sed -e 's/MICIT07/MICIT11/g' ./ajsprint_MICIT07_オンバッチ.txt | sed -e 's/micit07/micit11/g' | sed -e 's/jp1it07/jp1it11/gi' > ./ajsprint_MICIT11_オンバッチ.txt

■ディスク容量確認
df -h
ディスク(パーティション)ごとに使用率を表示する。

[cac@micwbt01 ~]$ df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_System-lv_root 47G 13G 32G 30% /
tmpfs 3.9G 0 3.9G 0% /dev/shm
/dev/sda1 477M 86M 366M 19% /boot
/dev/mapper/vg_DataVol01-lv_opt 30G 13G 16G 44% /opt
micjmt01-int:/opt/micmari 40G 16G 23G 41% /opt/micmari

■ディレクトリ毎の容量表示
du -sh /opt/dbtxt/* | sort -nr

■ディレクトリ権限
r 読み込み権限 4
w 書き込み権限 2
x 実行権限 1

#########
0 ---
1 --x
2 -w-
3 -wx
4 r--
5 r-x
6 rw-
7 rwx

#########

■SVNサービス再起動

# sudo /etc/init.d/httpd graceful

# sudo /etc/init.d/mysql restart

■全サービスステータス確認
service --status-all

■プロセス状態確認(詳細)
ps aux

■oracleログ
tail -f /u01/oracle/diag/rdbms/mictst/mictst/trace/alert_mictst.log

■日時(YYYYMMDDHHMMSS)
date '+%Y%m%d%H%M%S'

■変数
var=`date '+%Y%m%d%H%M%S'`
echo $var

■シェルデバッグ実行
sh -x ./batch-main-openclose.sh -rn K50300B01BT

less

■個別削除(storage)
find /u01/sites/micit10/azarea/ -name 'storage' | xargs rm -rf

■全面削除(storage)(テスト機でしか未確認ですが問題無いと思います)
 暫定版のは現在有効なのをコメントアウト後に
コメント外せば動きます(こっちは個別コマンド直打ちなだけなので動くのは朝に確認済み)
[root@micdbt01 sh]# pwd
/home/cac/scm/work/sh
[root@micdbt01 sh]# ls
Azarea_storage_del.sh

■シンボリックリンク
ln -s /aza-storage/localdir/ localdir

■Linuxログ
/var/log/messages

■CPU数
cat /proc/cpuinfo

■メモリーの使用状況を表示
free -mt
free -m|grep Mem

■メモリ解放のシェル(参考)
micsvn01

/home/cac/work/mem_free

#!/bin/sh

LOGFILE=/tmp/mem_free-log

{

 echo "=================================="

date;
echo "total/used/free/shared/buffers/cached";
echo "before";
free -m|grep Mem:;
sync;
echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches;
echo 0 > /proc/sys/vm/drop_caches;
echo "after";
free -m|grep Mem:;

 echo "=================================="

} >> "$LOGFILE" 2>&1

■圧縮
圧縮
tar czvf package.tar.gz package-dir

解凍
tar xzvf package.tar.gz

■ディレクトリのMax値を取得
ls -ltr /test2/micit09/batch/ | awk 'NR==1 {max=expr$10} {if($10 > max) max = $10} END {print max}':'[0-9]*' | tail -1

■デフォルトjavaヒープサイズの確認
java -XX:+PrintFlagsFinal -version | grep HeapSize


[cac@micdbd01 ~]$ java -XX:+PrintFlagsFinal -version | grep HeapSize

   uintx ErgoHeapSizeLimit                         = 0               {product}
   uintx HeapSizePerGCThread                       = 87241520        {product}
   uintx InitialHeapSize                          := 1008629440      {product}
   uintx LargePageHeapSizeThreshold                = 134217728       {product}
   uintx MaxHeapSize                              := 16139681792     {product}

java version "1.7.0_45"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_45-b18)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.45-b08, mixed mode)


■ssh接続しているセッション数
netstat -antp | grep sshd | wc -l

■Linuxログインバナー変更
[root@micwbt01 ~]# cat /etc/motd

** ***** ***** ***** ***** ***** *****

This Server is micwbt01 STAGING !!!

** ***** ***** ***** ***** ***** *****

■viコマンドの技

・文字検索
 /[検索文字列]

・次へ
 n

・行コピー
 ESC yy p

・行削除
 ESC dd

・改行挿入
 ESC o
 
・最終行へ移動
 G(shift + g)
 
■WEBLOGICログ
/opt/bea/user_projects/domains/servers/ManagedServer1/logs/ManagedServer1.log

■WEBLOGICアクセスログ
/opt/bea/user_projects/domains/micmari_domain/servers/ManagedServer11/logs/virtualHosts/mt101.pension.micmari.jp/access-mt101.log

■WEBLOGICメモリ設定
/opt/bea/user_projects/domains/cac_test/bin/setDomainEnv.sh

####<2017/01/17 9時30分44秒 JST> <Info> <Server> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '1' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <weblogic> <> <> <1484613044608> <BEA-002638> <10.255.8.41からGraceful shutdownがリモートで発行されました>

####<2017/01/17 9時30分44秒 JST> <Alert> <WebLogicServer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '0' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <weblogic> <> <> <1484613044610> <BEA-000396> <weblogicからサーバーをshutdownするようリクエストされました>

####<2017/01/17 9時30分44秒 JST> <Notice> <WebLogicServer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '0' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <weblogic> <> <> <1484613044613> <BEA-000365> <サーバー状態がSUSPENDINGに変化しました>

####<2017/01/17 9時30分44秒 JST> <Info> <Diagnostics> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '0' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <weblogic> <> <> <1484613044639> <BEA-320002> <診断サブシステムはサーバーManagedServer1で停止中です。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262671> <BEA-149059> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc02のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc02.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに遷移しています。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262671> <BEA-149060> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc02のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc02.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに正常に遷移しました。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262688> <BEA-149059> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc03のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc03.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに遷移しています。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262689> <BEA-149060> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc03のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc03.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに正常に遷移しました。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262690> <BEA-149059> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc04のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc04.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに遷移しています。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262691> <BEA-149060> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc04のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc04.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに正常に遷移しました。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262692> <BEA-149059> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc05のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc05.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに遷移しています。>

####<2017/01/17 9時34分22秒 JST> <Info> <Deployer> <micwbt02> <ManagedServer1> <[ACTIVE] ExecuteThread: '2' for queue: 'weblogic.kernel.Default (self-tuning)'> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613262693> <BEA-149060> <アプリケーションmicmari-pension-mhtb-web-micrc05のモジュールmicmari-pension-mhtb-web-micrc05.warは、サーバーManagedServer1上でSTATE_ADMINからSTATE_ACTIVEに正常に遷移しました。>

####<2017/01/17 9時34分23秒 JST> <Notice> <WebLogicServer> <micwbt02> <ManagedServer1> <main> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613263652> <BEA-000365> <サーバー状態がRUNNINGに変化しました>

####<2017/01/17 9時34分23秒 JST> <Notice> <WebLogicServer> <micwbt02> <ManagedServer1> <main> <<WLS Kernel>> <> <> <1484613263652> <BEA-000360> <サーバーがRUNNINGモードで起動しました>

■ファイル検索
find . -name "Plan.xml" -ls

■メモリ状態確認
free
ps -xl --sort -vsize
top + [M]

■crontab

  • u: cronを設定するユーザーを指定
  • l: cronを一覧で表示
  • r: cronの設定を全消去
  • e: cronを設定するエディタを起動する

■ユーザ毎のcron設定
[root@micjmt01 ~]# cat /var/spool/cron/root
30 * * * * /opt/ctc/alog/bin/alog-transfer

### log-mv
50 06 * * * /home/cac/shell/log_Rotation.sh

### logrotate
40 06 * * * /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate-onbatch.conf

### check_onbatch-jobnet

* * * * /usr/local/jp1/micif201/sh/chk_onbatch_monitoring_002.sh > /dev/null

* * * * /usr/local/jp1/micmt101/sh/chk_onbatch_monitoring_001.sh > /dev/null

■スタティックルートの設定

route add -net 192.168.12.0 netmask 255.255.255.0 gw 192.168.14.1 eth4

[cac@micgpt01 ~]$ cat /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth4
192.168.12.0/24 via 192.168.14.1

■システム起動時のイベント確認
 システム起動時のイベントはログファイルに保存されており、以下のログファイルで確認できます。
  /var/log/messages システム全般の情報が確認できる。
  /var/log/boot.log システム起動時の各プロセスが「OK」か「Failed」かを確認できる。
  /var/log/dmesg システム起動時のメッセージが出力される。

■文字コードを調べる
file -i /var/opt/jp1ajs2/log/schedule/AJSROOT1/ajs-log1.log

■サーバ情報


OS情報確認>>

 cat /proc/version
----------------------------------------
CPU情報確認>>
 cat /proc/cpuinfo
----------------------------------------

メモリ情報確認>>

 cat /proc/meminfo
----------------------------------------
Tomcat バージョン情報確認>>
 /usr/local/tomcat/bin/version.sh
----------------------------------------
Apache バージョン情報確認>>
 httpd -v
----------------------------------------
MySQL バージョン情報確認>>
 mysql --version
----------------------------------------
PHP バージョン情報確認>>
 php -v
----------------------------------------

■インストールされているrpmパッケージ一覧を表示する。
rpm -qa

■Linux OSのディストリとバージョンを確認する
$ lsb_release -a

■システム情報の全表示
uname -a

■マウントされているデバイスのパーティション情報を表示する
fdisk -l

■コマンドにかかる時間を調査
$ time command

real 0m5.635s ←実行にかかった時間
user 0m4.039s ←ユーザモードだった時間
sys 0m1.593s ←カーネルモードだった時間

?real = 単純に、起動から終了までにかかった時間 = CPU時間 + それ以外の時間(ディスクを読んでいる時間など)
?CPU時間 = プログラムの実行でCPUを使った時間
?user = ユーザーCPU時間 = プログラムがCPUを使った時間 = プログラム自身の処理時間
?sys = システムCPU時間 = プログラム以外(OS)がCPUを使った時間 = プログラムに伴ってOSが仕事をした時間

■文字コードの確認
[weblogic@micwbt02 ~]$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8

[micsg01@micwbt02 ~]$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8

ただ、ログファイルは確かにSJISですね。
ちなみにRC05面も同じ。

[root@micwbt02 logs]# file micmari-web-micsg01.log
micmari-web-micsg01.log: ASCII text, with very long lin

[root@micwbt02 logs]# file micmari-web-micrc05.log
micmari-web-micrc05.log: ASCII text, with very long lines

■サブスクリプションの確認
[root@micbat01 ~]# subscription-manager list

  1. -------------------------------------------+
       インストール済み製品のステータス
  2. -------------------------------------------+
    製品名: Red Hat Developer Toolset (for RHEL Server)
    製品 ID: 176
    バージョン: 2.1
    アーキテクチャー: x86_64
    状態: サブスクライブ済み
    状態の詳細:
    開始: 2017年12月24日
    終了: 2018年12月24日

製品名: Red Hat Enterprise Linux Server
製品 ID: 69
バージョン: 6.9
アーキテクチャー: x86_64
状態: サブスクライブ済み
状態の詳細:
開始: 2017年12月24日
終了: 2018年12月24日

■メモリやCPUなどの利用状況を調べる
[root@micbas03 log]# vmstat 5
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----

r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
0  0      0 8189820  56964 1148104    0    0    13     9  141  236  1  1 98  0  0
0  0      0 8189920  56964 1148140    0    0     0    11 2452 5408  0  0 100  0  0

■ポート番号からアプリケーションを特定
lsof -i:14942
lsof -i:14943

netstat -anp | grep 14942
netstat -anp | grep 14943

■ファイル数確認

  • 確認
    ls -1 | wc -l
  • サイズ0のファイル数確認
    find . -empty | xargs ls -1 | wc -l
  • サイズ0のファイル削除
    find . -empty | xargs rm

■手動マウント
mount -t nfs -o soft micflu01-fil:/opt/micmuts1 /opt/micmuts1

■サービス自動起動設定(chkconfig)
chkconfig nfs 2345 on

■特定更新日付のディレクトリ配下ファイルから、特定文字列:E20402C01を検索
[root@micdbp01 ~]# find /opt/micmt101/exec/frm -type f -newermt "2018-04-24" -print | xargs grep 'E20402C01'
/opt/micmt101/exec/frm/16818/frm_properties.tsv:E20402C01CD E20402C01CD 一時金異動記録取消照合票 0289 0
/opt/micmt101/exec/frm/16818/frm_properties.tsv:E20402C01TD E20402C01TD 一時金異動記録取消照合票 0289 0
/opt/micmt101/exec/frm/16793/frm_properties.tsv:E20402C01CD E20402C01CD 一時金異動記録取消照合票 0289 0
/opt/micmt101/exec/frm/16793/frm_properties.tsv:E20402C01TD E20402C01TD 一時金異動記録取消照合票 0289 0
/opt/micmt101/exec/frm/16822/frm_properties.tsv:E20402C01CD E20402C01CD 一時金異動記録取消照合票 0289 0
/opt/micmt101/exec/frm/16822/frm_properties.tsv:E20402C01TD E20402C01TD 一時金異動記録取消照合票 0289 0
/opt/micmt101/exec/frm/16819/frm_properties.tsv:E20402C01CD E20402C01CD 一時金異動記録取消照合票 0289 0
/opt/micmt101/exec/frm/16819/frm_properties.tsv:E20402C01TD E20402C01TD 一時金異動記録取消照合票 0289 0

■sshでユーザ環境変数を読み込んでコマンド実行
ssh mickn00@micbad05 "source ~/.bash_profile ; env | grep PATH"
ssh mickn00@micbad05 "source ~/.bash_profile ; echo \$PATH"